FC2ブログ

しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ワタの花と実

181024blog (1) 181024blog (2) 181024blog (3) 

芙蓉と同じアオイ科のワタの花は7~8月に開花し、9~10月に青い実をつけ、やがて弾けます。
ウチの「わたこちゃん」、一昨日の酔芙蓉同様大変な遅れ咲きで、今頃花が咲き、実をつけました。
この花後にできる果実の弾けた姿をコットンボール(三枚目の写真下段)とよびます。

ユニークなので、切り花やドライフラワーなど観賞用として人気があります。
厳密に言うとふはふはの奥に種があり、このふわふわ(綿)は皮が変化したものなのださうです。
木綿はこのふはふはの部分(綿花と呼びます)の繊維を布にしたものです。

ワタは棉(きへん)と綿(いとへん)があり、木偏は植物としてのワタ、糸偏は繊維としてのワタです。
「白い綿花畑」が広がってゐるといふのは、果実が弾けた白い繊維でいっぱいの情景を指します。
従って、本当の花が咲いてゐる時は「棉の花」で、季語でも棉は秋、綿は冬の部です。





当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。




スポンサーサイト
  1. 2018/10/24(水) 05:11:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<柑橘類の庭 | ホーム | 普通のフヨウ(芙蓉)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4924-033f24b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索