FC2ブログ

しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

百合の実

DSCN7895 (768x1024) DSCN7820 (751x1024) DSCN7817 (768x1024) 

高町池の傍にタカサゴユリ(高砂百合)の果実が元気に育ってゐました。
通常のユリは花が咲くまで数年かかりますが、タカサゴユリは発芽した翌年には花を咲かせます。
いかにも繁殖力が旺盛な種が入っていさうな立派な果実です。

見た目はテッポウユリ(鉄砲百合)の花にそっくりな白百合です。
しかし、葉が細く、花に薄い紫の筋が入り、お盆より後に咲くなどはっきりした違いがあります。
台湾に自生していたユリが大正時代に日本に入り、その強い繁殖力で各地に野生化したものです。 

名前のタカサゴは台湾の琉球語で台湾のことですから、台湾のユリという意味です。
テッポウユリとの交配種も野生化しており、交配種には紫色のストライプが無いものが有ります。
ユリとは風に揺れることから、漢名の百合は鱗茎が重なり合った様子からと言われます。



当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。
スポンサーサイト
  1. 2018/10/18(木) 06:43:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シュウメイギク(秋明菊) | ホーム | ミゾソバ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4918-86b8e6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索