FC2ブログ

しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ヒイラギの花

DSCN7830 (765x1024) 20181007_085032 (746x1024) 20181007_085022 (768x1024) (768x1024) 

ヒイラギ(柊)は冬の木と書くやうに、冬に赤い実をつけ、葉の縁にトゲトゲがある木です。
葉の縁の刺に触るとヒリヒリと痛むことから、「ヒリヒリと痛む」意味の古語が名前の語源です。
「疼(ひひら)く・疼(ひいら)ぐ」の連用形からの名詞化した「ひひらぎ」です。

ちょっと見、銀木犀のやうな、木犀の花に似た白い小花が咲いてゐました。
葉に棘がないので、最初ヒイラギとは思いませんでした。
ヒイラギは老樹になると葉の刺が次第に少なくなり、縁は丸くなるのださうです。

ヒイラギはモクセイ科モクセイ属に分類される植物ですから木犀の仲間です。
木犀には、花がオレンジの金木犀と、花が白い銀木犀があります。
匂いは金木犀が強く銀木犀はやや劣りますが、ヒイラギはその中間ぐらいの香りがします。




当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。



スポンサーサイト
  1. 2018/10/13(土) 05:56:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピラカンサ(ス) | ホーム | 金木犀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4912-680e20a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索