しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ハナスベリヒユ(花滑莧)

170805blog (1) 170805blog (2) 170805blog (3) 

昨日のタカサゴユリを見た歩道のちょっと先に、赤・白・黄の小花が群れ咲いてゐました。
一見、マツバボタン(松葉牡丹)かと思いましたが、葉の形が違います。
花屋ではポーチュラカとして売られてゐるハナスベリヒユ(花滑莧)です。

多年草で、夏の炎天下にもめげず咲くので、夏花壇の定番ださうです。
スベリヒユとマツバボタンの交雑種とも、タチスベリヒユの突然変異種とも言はれています。
スベリヒユと同様に葉と茎は生のままでも加熱してもたべることが出来ます。

ω-3脂肪酸も多く含み医学的効果も期待され、サラダやスープにします。
茹でた際に出る「ぬめり」からスベリで、実も生で食したり、パンに混ぜて使ふやうです。
原色の鮮やかな花の色は炎天下によく似合ひます。



当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。



スポンサーサイト
  1. 2017/08/05(土) 05:42:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グループホームの喫茶当番 | ホーム |  さすらいの花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4458-d9b3465a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索