しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

茗荷の子

170801blog (3) 170801blog (2) 170801blog (1) 

ミョウガとショウガ、何か響きが似てゐると思って、調べてみました。
ミョウガは香辛菜としてショウガとともに大陸から持ち込まれました。
香りの強いはうを「兄香(せのか)」、弱いはうを「妹香(めのか)」と呼びました。

やがて、セノカがショウガ(生姜)に、メノカがミョウガ(茗荷)となったさうです。
なんとなく納得できる言い伝えですね。
我が家にも僅かに茗荷の生えているところがあります。

そろそろかと思って覗きに行くと、すこしばかり生えてゐました。
でも、もう花が咲いてしまってゐて、遅かりし由良之助です。
花が咲くと締めがゆるく香りもなくなりますが、素麵に刻んで入れておいしく食べました。



当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。



スポンサーサイト
  1. 2017/08/01(火) 06:27:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現場を押さえる | ホーム | サルスベリ(猿滑、百日紅)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4454-46b232f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索