しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

サルスベリ(猿滑、百日紅)

170731blog (1) 170731blog (2) 170731blog (3) 

夏に長い間咲きつける花は、キョウチクトウ(夾竹桃)、ムクゲ(木槿)、サルスベリ(猿滑)です。
この順に開花をしますが、やっとサルスベリが咲き始め、これから秋の中ごろまで咲き続けます。
春に伸びた枝の先端に夏から秋にかけて花を咲かせます。

樹皮のはがれた部分はつるつるしてゐて、猿も滑って落ちるというのが、和名の由来です。
猿は壁で登りますので、これは洒落て呼んだ名前です。
原産地の中国では、「百日紅」と書きますが、これは開花期間が長いところにちなみます。

日本にやってきたのは、大和本草(1708年)に載っているところから、それ以前だと考えられます。
花びらは6枚でフチが強く波打ちます。満開時期の姿はよく目立ちます。
花色は白、ピンク、紅、紅紫などが、隣り同士グラデーションをなして咲きます。


当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/31(月) 06:02:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茗荷の子 | ホーム | 白のムクゲ(木槿)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4453-61998f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索