しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

アベリア

DSCN6961 (600x800) DSCN7005 (599x800) DSCN7049 (600x800) 

夏場に咲く花が少なくなる中、鉢や蝶がアベリアの蜜を吸いに来てます。
刈りこんで色々な形に仕立てられるので生垣、公園や道路脇の植え込みにもよく植えられています。
言ひ換えれば、低木ですがほっておくと手に負えないほど、枝が伸び茂ります。

アベリアはスイカズラ科ツクバネウツギ属に属します。
和名はハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)と言ふたいそうな名です。
空木とあるやうに、幹や枝の中は中空になってゐます。

花期がとても長く真冬を除いて、四季に亘って咲く便利は花です。
小さな花は香りがあり、釣鐘状で色は白やピンクです。
特に白花は萼の薄い茶色と合はさってとても清楚な感じがします。


BLOGFacebookTwitterMixiに転載しています。






スポンサーサイト
  1. 2017/07/13(木) 06:50:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アオサギ | ホーム | コエビソウ(小海老草)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4435-86ab477d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索