しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

夾竹桃

170614blog (3) 170614blog (2) 170614blog (1) 

キョウチクトウ(夾竹桃)、ムクゲ(木槿)、サルスベリ(百日紅)は夏の花木の代表です。
いづれも3~4か月以上(6~10月)、次から次へと咲き続けます。
一番早く咲くのがキョウチクトウで、緑地帯ではもう咲き始めました。

夾竹桃は、葉が竹に似てゐて、花が桃に似てゐるからつけられた名です。
インド原産で日本へは、中国を経て江戸時代中期に伝来しました。
花は、およそ6月より咲き始め、残暑の残る9月まで開花します。

白花は一重咲き、桃色は八重咲きが多く、ピンク、黄色など多数の園芸品種があります。
意外と知らないのが、有毒植物だということです。
ピクニックなどで枝を串や楊枝にて中毒で死亡した例も報告されてゐます。




当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。




スポンサーサイト
  1. 2017/06/14(水) 06:18:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チェリーセージ | ホーム | ビヨウヤナギ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4403-85d60f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索