しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ユキノシタ

170607blog (2) 170607blog (1) 170607blog (3) 

地面すれすれに、小さく白くぼやーとカスミソウノのやうに見える花が咲いてゐます。
屈んでみると、なかなかに造作の細い赤白黄色が目立つ花なのです。
花びらのうち、下向きの2枚が長く、上向きの三枚には顔のやうな赤い斑が見えます。

ユキノシタの和名は、雪の下でも青々とした葉が保たれてゐることだからと言はれます。
また、白い花を雪(雪虫)に見立て、その下に緑の葉があることからとの説もあります。
このほか、白い舌状の花の形から“雪の舌”、転じて“雪の下”との説もあります。

漢名は「虎耳草」、まだらで毛のある丸い形の葉っぱが虎の耳に見えるからです。
けがをしたらこの葉を火にあぶって患部に貼ると効き目があります。
もんだ葉っぱは火傷の貼り薬、葉のしぼり汁は中耳炎やひきつけの薬として重宝されました。




当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。

スポンサーサイト
  1. 2017/06/07(水) 06:16:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<八重咲きのドクダミ | ホーム | ハコネウツギ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4396-fec284b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索