しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

トベラ

170605blog (1) 170605blog (2) 170605blog (3) 

枝葉を切ると悪臭を発します。
このため節分の時、イワシの頭などとともに魔よけとして戸口に掲げる風習がありました。
それで扉の木と呼ばれ、これがなまってトベラとなりました。

緑地帯にあるトベラ、いま白から淡黄色の5弁の芳香のあるの花をつけてゐます。
秋になると果実は熟し、赤い粘液が付着した種子を多数露出します。(写真3枚目)
ねばねばが鳥のくちばしなどに粘着して種が運ばれるといはれます。

葉は固い楕円形で、外側に反り、つやのある葉を密生します。
葉を火にくべるとはぜてパチパチと音をたて、燃えます。
潮風や乾燥に強く、街路樹として道路の分離帯などによく栽培されてゐます。



当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。




スポンサーサイト
  1. 2017/06/05(月) 05:39:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハコネウツギ | ホーム | ザクロ(石榴)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4394-a5af890a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索