しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ニワセキショウ

170527blog (2) 170527blog (3) 170527blog (1) 

緑地帯の原っぱでは一つが終るとまた別の野草が同じ場所に入れ替わりに花を咲かせます。
今は、タンポポが咲いてゐた場所に、芝草に花を咲かせたやうな小さい花が群れ咲いてゐます。
これはアヤメ科のニワセキショウ(庭石昌)といふ野草です。

葉が石菖(サトイモ科)に似ていて、庭によく生えるところから、庭石菖と呼ばれます。
北アメリカ原産で明治中期に観賞用として持ち込まれたものが、各地に広まった帰化植物です。
花は5mm~6mm程度、色は白っぽいものから青紫、赤紫まであります。

花びらには濃い色の筋があり、蕊のある中心部は黄色です。
アヤメ科なので、別名ナンキンアヤメ(南京文目)とも呼ばれます。
開花時期は 5/1 ~6/末頃、一つ一つは小さいのですが群れ咲くことが多く結構目につきます。


当BLOGはFacebook、Twitter、Mixiに転載しています。

スポンサーサイト
  1. 2017/05/27(土) 05:13:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒメボタル(姫蛍)いよいよピーク | ホーム | ウシガエル(牛蛙)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4384-ea351288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索