しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

垂れさがる花

170430blog (1) 170430blog (2) 170430blog (3) 

緑地帯の木の枝に、若緑色した穂のやうなものが垂れさがってゐます。
昨秋、この木の下にクヌギ(櫟)のドングリがいっぱい落ちてゐました。
と言ふことで、クヌギの花であります。

垂れさがっていたのは雄花ほうです。
雌花はと言ふと、同じ枝の若葉の付け根に2mmほどの花が1つずつ咲いています。
雄花の花粉が飛んできて、この雌花に受粉し、やがてどんぐりに育ちます。

クヌギの場合は、受粉した花がどんぐりになるのは今年の秋ではなく来年の秋なのださうです。
ドングリには、クヌギやアカガシのように2年かけて育つ種類があります。
コナラやシラカシなどは、開花したその年の秋にどんぐりになります。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2017/04/30(日) 06:30:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツルニチニチソウ | ホーム | 八重ヤマブキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4356-a2df7685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索