しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

シャガの花

170427blog (2) 170427blog (1) 170427blog (3) 

緑地帯のあちこちに庭でも良く見かけるシャガが咲いてゐます。
漢字では射干とか著莪とか書き、別名は胡蝶花です。
ただ射干はヒオウギ(檜扇)のこともさすので、著莪と書く方が多いやうです。

檜扇の実は黒いので、俗に射干玉(ぬばたま)と呼ばれ、「黒」や「夜」にかかる枕詞です。
シャガは中国原産で、かなり古くに日本に入ってきた帰化植物です。
日本に来たシャガは三倍体のため種子がなく、同一の遺伝子を持つクローンださうです。

従って、日本に存在する全てのシャガは人為的に広がったものです。
人気のない山中に見られる場合は、かつてそこに人間が住んでいた可能性が高いとのことです。
花びらの紫と黄色の模様はなかなかに洒落た花です。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。






スポンサーサイト
  1. 2017/04/27(木) 05:42:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒメボタルの為に | ホーム | 「海北 友松(かいほうゆ うしょう)」展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4353-5c141173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索