しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

変った椿-8

170422blog (1) 170422blog (2) 170422blog (3) 

五色八重散椿と思はれる椿が咲いてゐます。
〈 白地 紅縦絞りが基本色 白、紅、桃色、白覆輪などに咲き分ける
抱え性の八重咲き 散性 割りしべ 中~大輪 〉

この椿の特徴は椿の癖に、花びらがばらばらになって落ちることです。
次に、一樹に白、紅、桃色の花が咲き、
絞りも入るので五色椿と言はれることです。
更に蕊が割り蕊と言って、筒蕊のやうに纏まっていないことです。

京都の地蔵院は五色八重散椿の名樹があり「椿寺」と呼ばれてゐます。
寺伝では、加藤清正が朝鮮から持ち帰ったものを、秀吉が寄進したといふことです。
初代は枯れ、2代目になってゐてそれでも樹齢120年を数えるさうです。


MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2017/04/22(土) 06:17:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シロヤマブキ(白山吹) | ホーム | ウンナンオウバイ(雲南黄梅)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4348-2b8a93af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索