しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

青木の花と虫こぶ

170419blog (2) 170419blog (3) 170419blog (1)  

緑地帯でアオキの花が咲いてゐました。
秋に赤い実をつけるアオキは今頃、小さな渋い花をつけます。
アオキには雄木と雌木があり、それぞれに花弁が紫褐色の雄花と雌花が咲きます。

偶然にも近くに雄木と雌木があって、ちょっと見同じやうでも良く見ると違ふ花を見つけました。
写真1枚目が雌花で花弁は4枚、雄しべが退化してありません。
2枚目が雄花、雄しべ(黄白に見える所)は4本で、雌しべは痕跡だけです。

アオキの正常な果実は冬になると赤く熟して落下してしまいます。
ところが春になっても落ちず変形して緑色のままか、部分的に赤みを帯びる実が残ることがあります。
アオキミフクレフシと呼び、なかにタマバエの幼虫が棲んでゐる「虫こぶ」と呼ばれる状態です。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/19(水) 06:14:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<変った椿-7  | ホーム | 花心に擬宝珠(ギボシ)-紀州司>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4345-9eb24be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索