しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

花心に擬宝珠(ギボシ)-紀州司

170418blog (3) 170418blog (2) 170418blog (1) 


〈 紅色地 白斑入り 千重咲き 大輪 〉
和歌山方面に多いのでキシュウツカサですが、宝塚市でも古くから栽培されてゐるやうです。
海外で「Captain John Sutter キャプテン・ジョン・サッター」と呼ばれ人気のある椿です。

30枚ほどの花びらが厚く重なり、抱え咲きから平開し、のちに外弁が反曲します。
蕾が紡錘形でピンクと白の模様がとても可愛らしい椿です。
咲き始めは花の中心が擬宝珠のような形となり、これがまた可愛い椿です。

椿の中ではとても遅咲きの椿です。
「千重咲き」を椿の愛好家はセンエザキと呼びます。
花弁が重なり、花心に雄しべのない、またあっても落花まで見えない咲き方です。




Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 05:56:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青木の花と虫こぶ | ホーム | 筍を発見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4344-4879a9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索