しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

先輩のグループ展

170415blog (3)  170415blog (1) 170415blog (2)

某社出身者の絵画クラブの人達のグループ展「さいゆう展」に行ってきました。
高校の先輩O氏は木版多色刷りの作品を毎年出品されてゐます。
4~5年前からでしょうか、作品とともに制作過程を示す解説や版木も展示されるやうになりました。

ご存知の通り多色木版は原則、色の数ほどの版木を彫ります。
例えば、一番目の写真の版画「入道岬」の場合、6枚の板を彫って原版を作ってあります。
スケッチの原画から版画にするサイズに描き写し、次にそれを反転する形で“下絵”を作ります。

下絵をカーボン紙などで板に転写(ここでは6枚)し、次に6枚の板を色ごとに彫ってゆきます。
板が6枚あることは、当然摺りも6回繰り返すことになります。
ですから、この絵の場合の工程は少なくとも15回ということになりますが、おわかりですか。


Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2017/04/15(土) 06:39:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白いタンポポ | ホーム | 黒侘助(くろわびすけ) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4341-0ac5303c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索