しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

変った椿-6

170410blog (2) 170410blog (1) 170410blog (3) 

あまり咲かなかった赤い唐子椿が咲いて呉れました。
椿の唐子は雄蕊や葯が弁花して花心部に美しくまとまったものをいいます。
頭の左右にわずかに髪を残し他を剃る江戸時代の子供の髪型を唐子と称しました。

纏まった様子が、唐子の髪形に似ているので唐子咲とよびます。
先に紹介したのは白い唐子椿で白ト伴(シロボクハン)といいました。
今回咲いたのは花弁も、弁化した蕊もともに赤いものです。

似たものがあるので確かではありませんが、ボクハンニシキ(ト伴錦)だと思はれます。 
<紅色 一重 唐子咲き 唐子弁が揃って立ち 弁端に白色が入る 
唐子弁に淡い白覆輪が入るところが「日光(紅唐子)」と違う >


Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2017/04/10(月) 06:04:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緑地帯のヤマザクラ  | ホーム | ムラサキケマン(紫華鬘) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4336-70143382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索