しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

アセビ(馬酔木)が見頃

170326blog (3) 170326blog (2) 170326blog (1) 

アセビは、日本に自生するツツジ科アセビ属の常緑低木です。
「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔ふ」が如くにふらつくので馬酔木と名付けられました。
多くの草食哺乳類は食べるのを避けるので、この木が目立って多くなる場所があります。

奈良公園は、シカが他の木を食べ、この木を食べないため、アセビが相対的に多く目立ちます。
アセビは庭園樹、公園樹として好んで植栽されるほか、花もの盆栽等としても利用されます。
有毒植物であり、かつては葉を煮出して殺虫剤としても利用されてゐました。

今頃花が咲くのに、蕾は何と秋口に付き、6か月もの間蕾のままです。
蕾のままでも虫や鳥や獣に食べられたりしないのは、有毒だからです。
万葉集にも10首が読まれており、古くから日本で親しまれている花木です。




Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。



スポンサーサイト
  1. 2017/03/26(日) 06:40:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒゴヤマトニシキ(肥後日本錦) | ホーム | 紅椿-名前はわからず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4321-66460c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索