しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ミチタネツケバナ(道種漬花)がいたるところに

170318blog (2) 170318blog (1) 170318blog (3)  

緑地帯の草原にとても1~2mmの
小さな白い花がいっぱい咲いてゐました。
あまり小さくて、なかなかうまく撮れず、何回もレンズを向けました。
種籾を水につける頃に花を咲かせるのでタネツケバナと呼ばれる野草のやうです。

図鑑によると、タネツケバナは、水田の中や土手、溝、小川など水分がたっぷりある場所に生えるとあります。
ところが見つけた場所は乾いた原っぱや道沿いで、しかも籾播きにはまだ早い3月の初頭です。
どうもヨーロッパ原産の帰化植物のミチタネツケバナの方のやうです。

果実は長角果で、直立したやうな細長い棒状です。(葉のない枝のやうに見えます)
葉はちょっと見、クレソンのような感じのものが下の方についてゐます。
とても可憐なのですが、在来種のタネツケバナを駆逐する勢ひのださうです。




Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。



スポンサーサイト
  1. 2017/03/18(土) 06:12:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<墓参り  | ホーム | 近隣公園の椰子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4312-9fbac7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索