しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

170316blog (2)  170316blog (3)  170316blog (1)


青い花が緑地帯の野原いっぱいに星を散らしたやうに咲いてゐます。
イヌノフグリに違はないのですが、見つけたのはオオイヌノグリの花の方です。
在来のイヌフノリの方は3-5月にかけて、淡いピンク色をした小さめの花をつけます。

しかし、近縁種で帰化植物のオオイヌノフグリがその生育地をおほおかた奪ってしまひました。
フグリとは陰嚢のこと、果実の形が雄犬の陰嚢に似ていることから牧野富太郎が命名しました。
イヌノフグリの果実の方が、陰嚢らしく、オオイヌノフグリの果実はさほど似ていないのだとか。

三枚目の写真はオオイヌフグリの果実ですが、これでも十分、犬のフグリを想像できます。
かっては普通に見られた野草でしたが、この頃はとんと見ることが少なくなりました。
オオイヌノフグリの別名は、瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳です。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2017/03/16(木) 06:52:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近隣公園の椰子 | ホーム | リュウキンカ(立金花)では?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4310-86bc5690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索