しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ヒメオドリコソウがはやくも

170314blog (3)  170314blog (1)  170314blog (2)  

朝はまだまだ寒いのですが、春の山野草が急に花をつけてきたやうです。
昨年咲いてゐたあたりを探し、またそこに咲いてゐるの見つけると嬉しいものですね。
緑地帯の野原や道脇を、あそこかここかと探し歩いてゐます。

葉を見るとシソの仲間だとすぐわかるヒメオドリコソウ(姫踊り子草)が咲いてゐました。
ヒメオドリコソウはヨーロッパ原産の越年草で明治時代中期に帰化した外来種です。
同じシソ科で在来のオドリコ草より丈・葉・花の大きさが半分以下なので「姫」がついてゐます。

よく同じ場所に咲くシソ科のホトケノザ(仏の座)とも葉と花の色がよく似てゐます。
ヒメオドリコソウは上部の葉が紫に色づき、葉と葉の間隔が詰まってゐます。
ホトケノザは、ハスの葉のように見える丸みを帯びた葉の上に花(仏)が咲きます。




Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2017/03/14(火) 06:49:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リュウキンカ(立金花)では? | ホーム | カタバミ(片喰)にしては>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4307-7442ce68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索