しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

高町池の住民

170221blog (1) 170221blog (2) 170221blog (3) 

高町池にはアヒル(家鴨)と羽を怪我して飛べないマガモ(真鴨)が2羽で住んでゐます。
アヒルは三羽ゐたのですが、蛇にやられ、猫にやられで、1羽になってしまひました。
近くの人たちがを買ってきて放したもので、今のアヒルも実は3代目ぐらいです。

アヒルとカモは遺伝学的にはほぼ一緒らしく、二羽は家族のように仲良しです。
これに半住民の留鳥のアオサギ(青鷺)、コサギ(小鷺)、カワウ(川鵜)が、いつも見かける鳥です。
渡りの季節になると、幾種かの鴨類やバン(鷭)やオオバン(大鷭)などが加はります。

最初の写真はマガモのオスとメス、鴨は潜れないので逆立ちして餌を採ります。
二番目の写真はカルガモ、羽を広げてきれいなエメラルドを見せてゐます。
三番目はヒドリガモ(緋鳥鴨)、オスの額から頭頂にかけてのクリーム色がお洒落です。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2017/02/21(火) 06:12:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モミジバフウの実 | ホーム | エラチオール・ベゴニア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4285-d990a52e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索