しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

木立(きだち)といっても

170131 blog (3) 170131 blog (2) 170131 blog (1) 

緑地帯にあるゲートボール場の脇に珍しい花や家では育てにくい大きくなる花が植えられてゐます。
例えばエンゼルトランペット、ジンジャーリリー、キクイモモドキなどです。
その一つに晩秋に咲く皇帝ダリア、とても大きいので狭い庭には不向きです。

普通見かけるダリアは草本ですが、皇帝ダリアは木のやうで、和名は木立ダリアです。
大きく成長し5mぐらいは当たり前、中には7~8mになるものもあるさうです。
花も大きく直径15~20cmほどあるので、皇帝の名が冠されました。

木立ちと言ひますが、幹は竹のようで節があり茎の芯に穴があります。
丁度、剪定されてゐてたので、その様子がよくわかります。
昔ダリアは普通の庭花でしたが、暫くはやらなくなり、今やや復活してきました。




Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2017/01/31(火) 06:27:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緑の緞帳 | ホーム | ヨシの穂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4262-39ac7c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索