しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

早くも水仙

160103blog (1)  160103blog (3)  160103blog (2)  

大楠の根元に誰かが植えたかのやうに一叢の水仙が咲いてゐます。
わが緑地帯にはあちこちに勝手に生えたニホンスイセン(日本水仙)見られます。
どれも蕾がやっと現れた程度なので、これは随分と早咲きです。

ニホンスイセンは名前にもニホンが付くので元から自生する植物と思はれがちです。
しかし、地中海原産で、古い時代に中国経由で渡来して野生化した帰化植物です。
英名の「ダフォディル」(daffodil)は特にラッパスイセンを指すやうです。

スイセンを水仙と書くのは、中国の呼び方を音読みしたものです。
「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という中国の古典に由来します。
水辺で咲く姿を仙人に喩えましたが、ナルシスも水鏡の己に惚れて水仙になりました。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。



スポンサーサイト
  1. 2017/01/03(火) 05:15:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アママリス開花 | ホーム | 久々に霜降る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4234-1c6b97cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索