しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

オタフクナンテン(お多福南天)の植栽

161223blog (1) 161223blog (2) 161223blog (3) 

歩道と車道の境の植栽が2kmに亘ってオタフクナンテン(お多福南天)に変えられてゐます。
この植栽は、元はアベリアが植えられてゐたのですが、50年近く経って樹勢が衰えてゐました。
秋ごろから植え替えが始まり、あと50mほどを残すだけになってゐます。

お正月の縁起物として知られる「ナンテン(南天)」の改良品種です。
「難(ナン)を転(テン)ずる」として古来から庭木や飾り物、箸の材料などとして用いられてきました。
それに「お多福」がつくので、はなはだ縁起良く、英名も「ヘブンリーバンブー(天国の竹)」です。

ナンテンの葉は毒物に触れると変色するので、殿様に出す料理に添えたといふ話があります。
葉には微量ですが、チアン水素という防腐効果のある物質が含まれています。
正月料理の焼き魚にオタフクナンテンの葉を添えますが、防腐効果も期待されてゐたと思はれます。


MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。


スポンサーサイト
  1. 2016/12/23(金) 06:57:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<褐葉のユキヤナギ | ホーム | ハボタン(葉牡丹)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4223-3aea3308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索