しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

トウネズミモチの「実」

161221blog (1) 161221blog (2) 161221blog (3) 

緑地帯にネズミモチ(鼠黐)の青紫色の果実が沢山実ってゐます。
詳しく言うふとネズミモチの仲間のトウネズミモチ(唐鼠黐)の果実です。
ネズミモチは、果実がネズミの糞に、葉がモチノキ(黐の木)に似ていることから付きました。

果実はともに楕円形ですが、ネズミモチはやや細長く、トウネズミモチの方はほぼ球形です。
写真の木は果実の形からして、トウネズミの方だと思はれます。
ネズミモチは日本原産、トウネズミモチは中国から来たものです。

トウネズミモチの方が元気で、高木で、実の色もきれいなので栽培が多くなっているさうです。
実は外来のトウネズミモチが日本国内に広がり、要注意外来生物として問題になってゐます。
そういへば、わが緑地帯でもネズミモチがなんとなく駆逐されてゐるやうな。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2016/12/21(水) 06:21:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハボタン(葉牡丹) | ホーム | モミジバフウの「実」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4221-c775fa83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索