しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

メアタセコイアの紅葉

1612143blog (1) 1612143blog (2) 1612143blog (3) 

メタセコイアは日本にも300万年~100万年前頃まではたくさん生えてゐたやうです。
メタとは“後の”とか“別の”意味の接頭語です。
セコイアの化石と思っていた中に、違ったものを発見し、メタセコイアと名付けました。

セコイアは今も北米に生えてゐる世界有数の大高木です。
メタセコイアの方は化石でしか見つかっていませんでした。
ところが、1941年に中国四川省で生きてゐるメタセコイアヤが発見されました。

大昔から形態も生態も大きく変わっていないことから生きた化石と話題になりました。
晩冬になると葉がすっかり落ちて枝が網の目になり大きな三角錐を見せて呉れます。
今はそのちょっと前、紅葉具合が独特の色で朝日、夕日にきれいに映えてゐます。


Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/12/16(金) 06:43:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トベラ(扉)熟す | ホーム | 「万両」色づく>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4216-3b372caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索