しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

クリスマスツリー 永遠の華

161205blog (1) 161205blog (2) 161205blog (3) 


町々のクリスマスツリーは、伝統的なものから、美術工芸的なものまでいろいろですね。
梅田グランフロント北館のツリーが他とは違って、特に目を引いたので、つい撮りました。
ところで、クリスマスツリーって、そもそも何だろうと調べてみました。

元は古代ゲルマン民族の「冬至の祭」で使われていた樫の木で、キリスト教徒は関係ないものでした。
ドイツの民をキリスト教に改宗させる際、樫を樅(モミ)に変えて教化に応用したのださうです。
1419年にドイツのフライブルクで、パン職人の信心会が聖霊救貧院にツリーを飾りました。

これが、クリスマスツリーをクリスマスに飾る行為の最初とされる記録だとあります。
樅の木の天辺を飾る星やボールは、ベツレヘムの星やアダムとイブのリンゴを表すものださうです。
グランフロント北館のツリーは「Timeless Blossom」と言ひ、永遠の華をモチーフにしたものです。

MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/12/05(月) 06:45:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツタモミジ(蔦紅葉) | ホーム | アオギリの落ち葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4205-62e46603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索