しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

キミノセンリョウ(黄実の千両)

DSCN6649 (601x800) DSCN6650 (600x800) DSCN6681 (599x800) 

キミノセンリョウ(黄実の千両)の実がすつかり色づきました。
苗を貰ってきて植えて10年ばかり立つでせうか。
家人が大事にしてゐて、ここ2~3年前から実がよくつくやうになりました。

普通センリョウと言えば赤く輝く実がつき、正月に欠かせない花木です。
黄色の実が付く千両は園芸種かと思っていたら、赤い実の変種で自生種でした。
赤い千両同様に本州中部以南から台湾、インドなどに分布し、山林の半日陰に自生してゐます。

江戸時代の貨幣の名が付く花木はセンリョウ科の千両のほかにもいくつかあります。
万両、百両(唐橘-からたちばな)、十両(薮柑子-やぶこうじ)で、いずれもヤブコウジ科です。
万両は実が下向き、千両は上向きにつき、百両、十両は実の数が少なくなっていきます。



MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/12/01(木) 06:27:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬紅葉に | ホーム | レモンらしくないレモン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4200-f5e1f63d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索