しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

カツヨウ(褐葉)の森

161123blog.jpg  

当たりの木々がここ1週間ばかりで、急に色づゐてきました。
主に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象を「コウヨウ」と言ひます。
常緑樹も紅葉するものがありますが、緑に混じってゐたり時期がばらばらだったり目立たないだけです。。

葉が何のために色づくのかは、植物学的には葉の老化反応の一部と言ふことです。
「コウヨウ」と言っても、狭義には赤が「紅葉(こうよう)」、黄が「黄葉(こうよう、おうよう)」、
そして、褐色になるのを「褐葉(かつよう)」と区別するさうです。

「アントシアン」は紅色、「カロテノイド」は黄色、「フロバフェン」は褐色を演出するやうです。
艶やかなカエデの赤、イチョウの黄もよいのですが、ケヤキやコナラの褐色もよいものです。
わが緑地帯の木々も褐葉が多く、しっとり落ちついた淡い雰囲気を醸し出してゐます。

MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。



スポンサーサイト
  1. 2016/11/24(木) 06:36:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「もみぢ」の落葉 | ホーム | 柑橘類の庭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4192-5a15c81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索