しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ナンキンハゼ(南京櫨・南京黄櫨)

161114blog (2) 161114blog (1) 161114blog (3) 

近くの緑地帯の公園のナンキンハゼガがとてもきれいになりました。
10月半ばにはまず黄色くもみぢし11月末には散ってしまひます。
盛りの紅葉は赤色に紫と黄色が加わったような、とても鮮やかな色です。

中国原産で、公園や街路樹などによく植ゑらてゐて、別名トウハゼ、カンテラギです。
秋に実がなり、果皮が割れると中から白い粉に包まれた種子が出てきます。
葉が落ちた冬でも枝先に付いてゐて、白い星を散らしたようで非常に目立ちます。

白い粉はロウ(蝋)であり、昔は、実の皮から蝋燭用のロウをとりました。
ただ、融点が低く夏には使いにくい難点があり、本来のハゼ(黄櫨)蝋には劣ります。
和名のナンキンハゼは、「ハゼノキのやうにロウが採れる中国原産の木」の意味です。

MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。

スポンサーサイト
  1. 2016/11/14(月) 06:14:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミニチュア銅鏡作り | ホーム | 皇帝ダリア咲く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4182-75fdd941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索