しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

藪のサザンカ(山茶花)

161112blog (3) 161112blog (1) 161112blog (2) 

緑地帯の茂みの奥に立派な山茶花が咲いてゐました。
サザンカは山茶花と書き、もとは「サンザカ」と言っていたのが、今の呼び方になったやうです。
ツバキ(椿)は12月から~4月頃咲きますが、サザンカはそれより早く10月~12月に咲きます。

ともにツバキ科ツバキ属で、細胞学的には違ふものださうですが、見分けのつかないものもあります。
椿は首から、サザンカは花弁がバラバラに落花すると言ひますが、バラバラのツバキもあります。
サザンカは“実”の表面に毛がありますが、侘助椿の実にも毛があります。

サザンカの雄蕊は筒状にならないので、筒状だったらツバキといふことにはなります。
しかし、筒状の蕊でないツバキも沢山あるので、この区分ももう一つです。
ツバキもサザンカも種類が多く交配種もあって、結局は多分サザンカなどと決めることになります。


Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2016/11/12(土) 06:42:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<皇帝ダリア咲く | ホーム | 「桃栗三年柿八年」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4180-a136ee8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索