しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

うすもみぢ(薄紅葉)

DSCN6127 (600x800) DSCN6108 (600x800) DSCN6107 (600x800) 

《紅や黄がまだうっすらとした色合いの頃の紅葉をいう。
錦秋の紅葉とは違って、まだ緑をほのと残しつつも染まり始めたやさしい未完の風情は、
花は盛りのみ見るものではないといふ日本人の美意識に通じる。》

と角川俳句大歳時記にあります。
わが緑地帯の遊歩道沿いに種類の異なった楓が沢山植ゑてある並木があります。
丁度ここが、一部の種類が薄紅葉の頃になりました。

歳時記にはさらに続けて《華やかな全山紅葉の時期訪れる前に身を置く静謐な趣である》とあります。
この道は、家から5分ばかりのところ、いはば隠れた近場の名所です。
やがて、まっかな空気までも赤くなる時期がやってきます。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/11/07(月) 06:45:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬のつつじ(躑躅) | ホーム | クスノキ(楠)の径>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4175-26361315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索