しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

カリン(榠樝)の実

 161103blog (2)  161103blog (1)  161103blog (3) 

ニワのカリン(榠樝)の実が大きく黄色になってきました。
まだ小さい木ですが、七個の実が付きました。
とても香りの強い果物で、ひとつ置いておくだけで部屋中が芳香に満たされます。

果物と言っても、そのままでは固くて渋くたべられません。
咳止めの薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり、砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。
樹皮がところどころウロコ状に剥がれ落ちてなめらかな木肌が現れ、見た目もきれいな木です。

その果実はマルメロにそっくりですが科は同じでも属の違う木です。
カリンは1000年前、マルメロは400年前に日本にやってきました。
産地はともに長野県や香川県、山形県ですが、長野の一部ではマルメロをカリンと呼ぶさうです。



MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2016/11/03(木) 06:32:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツワノハナ(石蕗の花) | ホーム | 棉の実、やっと弾ける>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4171-65e58549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索