しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

棉の実、やっと弾ける

 161102blog (3) 161102blog (1) 161102blog (2) 

11月になって、ウチの棉の実(コットンボールト)が、やっと弾けました。
普通、7月~8月にかけて花をつけ、9月にはいると青い実がつきます。
9月の中旬ごろにはコットンボールが弾け、中から真っ白な棉が出て来るものです。

棉の中に種が入ってゐますが、その種の表皮細胞が細長く生長したものがコットンの繊維です。
実が弾けて白い綿が出た状態が花に見えるので「綿花」といひますが、花ではありません。
ワタはキヘンの「棉」とも、イトヘンの「綿」とも書きます。

実を摘み取った状態までのものがキヘンの「棉」、加工されたものがイトヘンの「綿」です。
実際には区別せずワタ(イトヘンの綿)と呼ぶかモメン(木綿)と言うことが多いやうです。
「ワタ」とは中にあるものを指す言葉です-布団のワタ、腹ワタ、絹ワタ、魚のワタ etc.



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/11/02(水) 06:59:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カリン(榠樝)の実 | ホーム | アオギリ(青桐)の実>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4170-63df10e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索