しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

シャリンバイの実

DSCN5912 (600x800) DSCN5911 (600x800) DSCN5908 (599x800) 

わが緑地帯の森は木の実が熟す頃となりました。
栗や団栗のやうな固い実のものから、柔らかいものまでいろいろあります。
シャリンバイ(車輪梅)の実もすっかり熟してゐます。

本州西部、四国西南部、九州の海辺など主に西日本に分布する常緑性の低木です。
小枝を車輪状に出して、5月に梅に似た白い花を咲かせるところからシャリンバイの名前があります。
花後には直径1cmほどの球形の実を付け、10月頃に熟して黒紫色になります。

大気汚染や潮風にも強いので道路の植え込みによく利用されています。
また、奄美地方では煎じたものを大島紬の染料として利用するさうです。
初夏に咲く白い花を昆虫が好むと見えて、特に蜂が集まってゐます。


MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。



スポンサーサイト
  1. 2016/10/28(金) 06:43:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハナミズキ(花水木)の実 | ホーム | キンモクセイの落花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4165-c62ad6bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索