しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ホトトギス(杜鵑草)

161025blog (3) 161025blog (1) 161025blog (2) 

庭にユリ科のホトトギス(杜鵑草、時鳥草)が咲いてゐました。
茂みの後ろ側で下草のやうに咲いてゐたので気づきませんでした。
花びらの斑点が、鳥のホトトギスの胸毛の模様と似ていることからつけられた名前です。

むかしより格調高い花として茶花や生け花によく用いられてゐます。
別名はユテンソウ(油点草)ですが、それは若葉に油じみのような斑点がある為です。
この斑点は花の咲く頃にはなくなってしまいます。

英名はなんとトードリリー(Japanese toad lily)です。
トード(toad)はヒキガエルことで、斑点がヒキガエルの肌の模様に見えてしまったやうです。
どうも欧米人の美的鑑賞の対象にならなかったやうです。


MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/10/25(火) 06:49:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初紅葉 | ホーム | 丹波黒大豆枝豆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4162-97b8c5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索