しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ピラカンサ(ス)

DSCN5834 (600x800) DSCN5836 (600x800) DSCN5837 - コピー (600x800) 

バラ科トキワサンザシ属の数種類をまとめてピラカンサ(ス)と呼んでゐます。
ピラカンサ(ス)はギリシャ語の「pyro(炎)+ acantha(刺)」です。
火のような実をつけ、枝にはいっぱいとげがあるといふ意味です。

日本には明治時代に導入され、実が綺麗なので生垣や鉢植ゑとして広まりました。
ピラカンサの棘はとても鋭く、刺さると火傷のやうにひりひりします。
中国では「火棘(かきょく)」と呼ぶさうですが、当を得た名付けです。

真っ赤な実をつけるものとオレンジ色の実を付けるものがあります。
オレンジ色の実がつくのが中国西部原産の「タチバナモドキ(橘擬)です。
赤い実がつくのがヨーロッパ南部からアジア南西部原産のトキワサンザシ(常盤山樝子)です。 



MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。


スポンサーサイト
  1. 2016/10/21(金) 06:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キンモクセイ(金木犀) | ホーム | まだ咲いてゐるランタナ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4158-612353f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索