しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

やぶまめ(藪豆)

DSCN5533.jpg DSCN5562.jpg DSCN5556.jpg 

緑地帯の茂みに、蔓の先にマメ科特有の蝶花をつけた白と紫の花が見え隠れしていました。
帰って調べて見ますと、マメ科ヤブマメ属のヤブマメ(藪豆)で、面白い性質が書いてありました。
ヤブマメには、三種類の花が咲き、一つは写真の薄紫色の花で、莢豆を作ります。

二つめの花は、開花しない閉鎖花で自家受粉し、豆を作ります。
三つめの花は、なんと地下閉鎖花で自家受粉して、地下に豆をつくります。
この地下の豆は莢の中に、大きめの豆が一つ、ころんと入ってゐるのださうです。

なんだか、地下に豆ができるマメ科のラッカセイ(落花生)に似てゐますね。
ラッカセイの場合は、花は地上に咲き、花後茎が伸びて地中に入って、そこに豆が付きます。
昔、アイヌの人たちは、この地下豆を油などをつけて食べたり、豆ご飯にして食べたさうです。




スポンサーサイト
  1. 2016/10/06(木) 06:01:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キノコは秋ですね | ホーム | 赤マンマ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4143-7542c681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索