しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

赤マンマ

161005blog (1) 161005blog (3)  161005blog (2) 

きのうイヌタデ属のミゾソバを紹介しました。
タデと言へば「蓼食う虫も好きずき」と言ふ諺で有名です。
人の好みは様々で、一般的には理解しがたい場合もあるという諺です。

この辛いタデは特有の香りと辛味を持ち、香辛料として薬味や刺身のつまなどに用いられます。
ところが、辛くない蓼がありホンタデ(柳蓼)に対しイヌタデ(犬蓼)と呼ばれます。
別名が「アカマンマ」、昔の子がおままごとで使った“赤いご飯”のことです。

タデ科の植物は多く、すでに紹介したミゾソバやイヌタデ(赤まんま)のほかにも、
食べるソバ(蕎麦)、ミズヒキ(水引)、イタドリ(虎杖)なども仲間です。
染料に使われるアイ(藍)もイヌタデ属で、藍の葉は食べることもできます。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。


スポンサーサイト
  1. 2016/10/05(水) 06:26:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やぶまめ(藪豆) | ホーム | 牛の額>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4141-abb9943c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索