しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

9月のアジサイ

160922blog (1)  160922blog (2)  160922blog (3)  

9月も終はりなのに、梅雨が盛りのアジサイの話をします。
語源は諸説、『万葉集』では「味狭藍」「安治佐為」、平安時代の辞典『和名類聚抄』では「阿豆佐為」、
もっとも有力なのが、「藍色が集まったもの」意味の「あづさい(集真藍)」説だとか、

花の色がよく変わることから、「七変化」「八仙花」とも呼ばれます。
漢字では「紫陽花」と書きますが、もとは唐の詩人白居易がライラックに付けた名ださうです。
平安時代の学者源順がライラックとは知らず、アジサイにこの漢字をあててしまったらしいのです。

今回取り上げたのは、そのことでなく緑地帯の林にアジサイが残ってゐるのを見つけたからです。
脱色したやうな色ですが、花は散らずしっかりついてゐて、一見ドライフラワーに見えます。
他でも同様な状態のアジサイを見かけたことがありますが、これは生きてゐるものか、枯れ残ったものなのか。



Mxi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。




スポンサーサイト
  1. 2016/09/22(木) 06:52:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ひっつき虫」になる | ホーム | ニラの花(韮の花)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4127-98d0ef29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索