しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ウツボカズラ(靭葛)がいっぱい

160909blog (3) 
160909blog (2) 
160909blog (1) 

昨日に続く「咲くや夜この花館」ですが、今日は気になった食虫植物ウツボカズラの話です。
ボルネオ、ニューカレドニア、マダガスカルなど東南アジアに多く分布してゐます。
葉っぱの真ん中を縦に走る脈が長く伸び、その先端が壺のようにふくらんで捕虫袋になります。

野生種はおよそ70種あり、それぞれが個性的な捕虫袋を持ってゐて、形や大きさはまちまちです。
そこに落ちた虫は消化されて栄養になりますが、この形がウツボに似てゐるのでウツボカズラとなりました。
但し、ウツボといっても魚の「鱓(うつぼ)」ではなく矢を入れる「靫(うつぼ)」の方です。

捕虫袋のフタの部分にある蜜に誘われた虫は、つるつるした内壁で足を滑らせ中に落ち込みます。
落ちた虫が登ってきても、口の部分がネズミ返しになっており外に出ることはできません。
虫はあきらめて溺死をし、酸性の液で溶かされ吸収されてしまひます。


MxiTwitterFacebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/09/09(金) 07:10:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミヤギノハギとアレチヌスビトハギ | ホーム | ツバキ咲く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4113-dcf6cfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索