しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

シオカラトンボに出遭う

160817blog (2) 160817blog (1) 160817blog (3) 

わが緑地帯の小川の脇にシオカラトンボ(塩辛蜻蛉)がゐました。
かつては街中にうじゃうじゃ居たのに、今はほんとにまれにしかお目にかかりません。
辺りを見ると近くに、ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)もゐました。

かたや銀(灰白色)と黒、こなた金(黄色)と黒ですが、じつは同じ種の雄と雌です。
雄は成長するにつれて体全体が黒色となり、胸部から腹部前方が灰白色の粉で覆はれます。
雌や未成熟の雄は黄色に黒の縁取りでツートンカラーの色彩です。

シオカラとムギワラと名前は違いますが、同じ種の雄と雌なのです。
しばらく見てゐると頭と尻尾を絡み合わせ、夫婦になってゐました。
沢山殖えてかつてのやうに沢山見れるやうになってほしいものです。


MixiTwitterFacebookにも転載してゐます。



スポンサーサイト
  1. 2016/08/17(水) 06:09:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジンジャー・リリー | ホーム | 麻酔の花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4089-eafe9f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索