しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

猿の腰掛

170810blog (3) 170810blog (4) 170810blog (1) 

見る間に大きくなったサルノコシカケ(猿の腰掛)が桜の古木で成長中です。
木に発生している状態がサルが腰かけるイスのように見えるので、猿の腰掛です。
撮ってゐるとおばちゃんが「この木、毎年出るけど、みなと採っていくわー」と声をかけて行きました。

サルノコシカケと言ふ茸ははなく、サルノコシカケ科やマンネンタケ科のキノコの総称です。
マンネンダケやコフキサルノコシカケは霊芝と言って高価な薬になります。
それで採って売りにでも行くのでせうか。

枯れた木や、倒木に発生することが多いのですが、生枯れ木にも発生します。
染井吉野の寿命は7~80年と聞きますが、この桜はここに植えられてからでも60年以上になります。
サルノコシカケが付くようなったので、そろそろ寿命なのかもしれません。



Mixi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/10(水) 06:27:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フヨウ(芙蓉) | ホーム | 夏のジョウロウグモ(女郎蜘蛛)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4082-aaf84e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索