しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

クス林の遊歩道

170803blog (1) 170803blog (3) 170803blog (2) 

わが緑地帯の遊歩道はにはいろいろのタイプがあります。
先日は、舗装されたシナサワグルミの並木のある遊歩道を紹介しました。
今回はクス(楠、樟)の林にある、簡易舗装の遊歩道です。

クスの木材や葉のチップを水蒸気蒸留すると樟脳油が得られます。
クスノキの英語名はcamphor treeで、強い強心作用をもつカンフル剤の元です。
昔からダメになりかけた物事を復活させるための処方を「カンフル剤を打つ」などと言はれます。

「楠」は和字で、暖地(九州地方)の木の意で、「樟」は中国名ださうです。
クスの謂れは、①クスシ(薬師)と同様に、クスリノキ(薬木)、②クシキキ(奇木)から。
③台湾でラクスと呼ばれていたから、④臭い木の意、など諸説があります。



Mixi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/08/03(水) 06:13:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<補修とペンキ塗り | ホーム | 夏バテ?のカワウ(川鵜)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4076-1dbe55f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索