しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ヘクソカズラ(屁糞葛)

160717blog (1) 160717blog (3) 160717blog (2) 

凄い名を持つヘクソカズラですが、可憐な花が咲いてゐます。
万葉集にも出てきますので、奈良時代から臭い植物として知られてゐたのです。
葉の細胞が傷つくと、メルカプタンと言ふ物質が発生し、独特のクサイ臭ひをだすのださうです。

この成分は昆虫の嫌ふ忌避物質で、虫に食べられないようにする自衛策です。
独特の臭いですが、屁と糞を重ね合わせるほどひどい臭いとは思へません。
臭くないと感じる人も多く、ヘクソカズラでは可愛いさうだと別名をつけました。

花を逆さにしてみると、もぐさに火をつけたやうに見えるのでヤイトバナ(灸花)です。
また、この花の群れ咲く様が、笠を被った早乙女のやうだとサオトメバナ(早乙女花)です。
でもやはり、ヘクソカズラが一番人気の名前だとか。


MixiTwitterFacebookにも転載してゐます。






スポンサーサイト
  1. 2016/07/17(日) 06:22:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<椿の実 | ホーム | クヌギのドングリが・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4058-48959244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索