しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

百合水仙(アルストロメリア・プルケラ)

160712blog (1)  160712blog (3) 160712blog (2) 

ウチにも何かに球根がついてきたのか、自然発生のアストロメリアがあります。
チリを中心に南米に多くの野生種が分布し、「インカのユリ」の異名があります。
園芸種も沢山あり、花屋で白、オレンジ、ピンク、赤などが売られてゐます。(写真3枚目)

アストロメリアの花びらにはすじ状の模様がはいるのが特長です。
写真のものはアルストロメリア・プルケラといふ種類で原生種に近いものださうです。
和名は「ユリズイセン(百合水仙)」と言ひ、半野生化したものをわが緑地蓼で見かけました。

大正時代末に日本に入ってきましたが、当時は広く普及せず、1980年代以降に流行りだしたやうです。
オランダで品種改良が盛んに行はれ、日本にも多く導入されています。
アルストロメリアは南米からの紹介したスウェーデンの植物学者アルストロメールにちなむものです。



Mixi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。





スポンサーサイト
  1. 2016/07/12(火) 06:47:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緑蔭の練習 | ホーム | 花園衝羽根空木=アベリア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4053-4419b35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索