しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

ハナツルソウ(花蔓草)

160709blog (2) 160709blog (3) 160709blog (1) 

鉢植えのハナツル(花蔓草)の赤い花が、葉に埋もれるやうにぽつぽつと咲いてゐます。
南アフリカ原産の植物、花屋さんでは英語名のアプテニアやベビーサンローズで売られてゐます。
花はマツバギク(松葉菊)に似てゐますし、葉もマツバギクより幅広ですが似てゐます。

茎は立ち上がらず地面を這ひますので、グランドカバーやロックガーデン、吊り鉢などに利用されます。
葉は肉厚で内部に水分がたっぷり蓄えられ、艶々でどちらかと言ふと観葉植物として扱はれます。
花の方は葉っぱの間にほつぽつと点在する感じで、おまけで花も見られて得したといふ感じです。

花期は初夏~秋で長いのですが、真夏はいったん休みます。
丈夫でほったらかしで育ち、挿し芽でどんどん増えるほど繁殖力があります。
ただ水をやり過ぎると腐って枯れてしまひます。



Mixi、Twitter、Facebookにも転載してゐます。


スポンサーサイト
  1. 2016/07/09(土) 07:01:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ノコギリカミキリ(鋸天牛) | ホーム | マンリョウ(万両)の花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4050-59e149fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索