しゅん吉の”つれづれなるまま”

三男の嫁もすなるBLOGといふものを 吾もしてみむとてするなり。

@Shuntajiriをフォロー

カマキリのお客さん

160630blog (1) 160630blog (3) 160630blog (2) 

前にクビキリギス(首切螽斯)が半年以上同居していて、ウチで亡くなった話をしました。
今度はカマキリ(蟷螂)の子がやってきて部屋の鉢植えに止まってゐます。
さて、この子はお客さんで終はるのか、クビキリギス同様に同居人になるのか。

普通カマキリと言ふと、緑色と思うのですが、この子は茶色です。
日本でよく見るカマキリはオオカマキリ・ハラビロカマキリ・コカマキリの三種です。
まだ小さいので、よくわかりませんが、恐らくこの子はコカマキリじゃないかと思ひます。

ハラビロカマキリは緑、コカマキリは茶色が多く、オオカマキリは5:5の割合で緑と茶だとか。
枯草の多い場所で捕まえた個体に茶色が多く、緑の多い場所で捕まえた個体に緑が多いさうです。
保護色になって野鳥などに捕まりにくくする繁殖戦略ではないかと書いてありました。



MixiTwitterFacebookにも転載してゐます。


スポンサーサイト
  1. 2016/06/30(木) 06:40:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<白い花 | ホーム | 梅雨茸(ツユキノコ、ツユタケ )>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://stajiri1123.blog20.fc2.com/tb.php/4041-3e8f92b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

☆☆

コメントありがとう。

ご訪問カウンター(06.02.04~)

リンク

カテゴリー

最近のトラックバック

プロフィール

しゅん吉

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索